三重県内の国際交流・協力・多文化共生等に取り組んでいる団体

 

50音順・活動分野別リスト

50音順・活動分野別リスト | 日本語教室 | 外国語教室 | 市町国際交流協会

団体名(外国語名) 三重・チェルノブイリ被曝児童救援募金 (CHERNOBYL CHILDREN FUND, JAPAN・MIE)
連絡先住所 〒515-2317 松阪市嬉野野田町345-2 三好 鐵雄
連絡先TEL 0598-42-8875
連絡先FAX 0598-42-8875
設立目的 チェルノブイリ原発事故により被曝した子どもたちへの救援活動
設立年月日 1990年6月1日
代表者 三好 鐵雄
事務局担当者 三好 理恵子
会員数 不定
機関紙 にがよもぎ
会費 なし
参加方法 募金
団体紹介と
主な活動紹介
ウクライナ、ベラルーシ両国のチェルノブイリ放射能汚染地で、今日もほとんど事故(1986年4月26日)の汚染状況が続いており、子どもからさらに三世代まで、ヒバクによる障害が発症しています。募金されたお金は、現地救援団体において厳選された重症者(子ども)に治療費として、有効に用いられています。また関連団体チェルノブイリ子ども基金メンバーなどの現地訪問の報告を『にがよもぎ』に掲載したり、写真展などのPRにもつとめています。
 

ページトップへ