三重県内の国際交流・協力・多文化共生等に取り組んでいる団体

 

50音順・活動分野別リスト

50音順・活動分野別リスト | 日本語教室 | 外国語教室 | 市町国際交流協会

団体名 松阪・ホイアン文化交流協会
連絡先住所 〒515‐0086 松阪市五十鈴町43
連絡先TEL 0598‐21‐0401
連絡先FAX 0598-21-0401
設立目的 大航海時代、ベトナム ホイアンは、海のシルクロードの要衡として栄えた。松阪出身の角屋七郎兵衛もこの地との交易に夢を馳せた。現在日本人街の特定作業が進められるなど、ホイアンと松阪の今後の文化交流を草の根から考えていく。
設立年月日 2006年4月1日
代表者 吴 佩芬
事務局担当者 仲村 隆彦
会員数 35名
機関紙 なし
会費 その都度徴収
参加方法 自由
団体紹介と
主な活動紹介

05年~ :松阪の文化的都市景観(水彩)を世界資産街区でお披露目。
06年~ :ホイアンの文化的世界遺産街区の町並みの水彩画を展示 (松阪・ホイアン両市で)
07年~ :日本の都市景観を展覧(水彩画)
08年~ :8月のフェスティバルにて「角屋七郎兵衛の物語」(羽田澄子製作)をベトナム語で上映予定。
09年~ :8月のフェスティバルにて松阪の歴史文化を紹介。
10年7月18日~10月17日に開催された松阪市立歴史民俗資料館の~角屋七郎兵衛生誕400年記念企画~「ホイアンの七郎兵衛」に企画協力。
10年9月26日 ダナンの五行山観世音寺のティック・ビン住職が松阪市立歴史民俗資料館を訪れ、角屋七郎兵衛が寄進した石碑の拓本を寄贈された。
11年9月15日:ホイアン市首席グエン・スー氏が来松、角谷家の墓参。
12年8月23日~26日:山中松阪市長がホイアン市を訪れ、ホイアン市側と今後の交流について協議。

 

ページトップへ